MENU

借入無料案内所│お金を借りる方法いろいろ

お金を借りる方法といえば、皆さんはどんな方法を思いつきますか?

 

お金を貸す機関の代表的なのものといえば、まず消費者金融が思い浮かびます。
現在の日本には数え切れないほどの数の消費者金融がありますね。

 

テレビのコマーシャルや雑誌の広告にある通り、即日融資のサービスを謳っている会社が数多く存在しています。
明日にでもお金が必要な状況でも消費者金融なら対応が可能とあって、多くの方が利用しています。

 

そしてもう1つ、お金を貸すことができる存在として忘れてはならないのが銀行です。
銀行には貸金以外にも多くの事業があり、資本が確立しているため、消費者金融よりも金利が安く、しかも高額の融資が可能です。

 

特に、住宅ローンなどの大型のローンは銀行でなければ組むことはできません。
銀行は私たちの生活に欠くことのできない、大きな存在となっています。

 

それでは、より具体的に各機関のお金の借入方法などをみていきましょう。

 

消費者金融のキャッシングローンって?

 

みなさんは消費者金融のキャッシングローンを利用したことはありますか?
このサービスを利用するためには、まず申込を行わなくてはなりません。

 

申込が終わったら、審査が始まります。
この審査に通過した場合のみ、契約ができます。

 

契約後にはキャッシングカードが発行されます。
このカードを使って、最寄りのATMから融資金を引き出します。

 

ここまでは通常、自動契約機を利用して行うことができます。
消費者金融の審査時間は非常に速く、最短30分で審査が終わります。

 

従って、これらのサービスを利用すれば即日融資も十分可能であるというわけです。
また、昨今ではインターネットで事前に申込を行うことで、さらに審査を迅速に済ませることができるサービスも提供されています。

 

まとめ

消費者金融の最大のメリットは、そのサービスの速さにあります。
何でも迅速に対応できるサービスが多くあり、すぐにお金を必要としている人ばかりでなく、忙しく時間がない現代人にとっても非常に利用しやすくなっています。

 

一方、デメリットとしては、利子が高めになっていることがあげられます。
資本がなく、早期返済を期待している消費者金融においては、どうしても高めの金利設定になってしまいます。
また、高額の融資は不可能なので、大型のローンを組みたい方にとっては不向きであるといえます。

 

銀行にはどんなローンがあるの?

 

一口に銀行のローンといっても、様々なローンサービスを提供されています。
ローンの種類によって、各銀行で名称やサービス内容が異なるかもしれませんが、簡単にまとめると以下のような種類があげられます。
また、銀行のローンは「使用用途が指定されているローン」と「使用用途が自由なローン」の2つに分けることができます。

 

使用用途が指定されているローン
  • 住宅ローン
  • アパートローン
  • リフォームローン
  • カーローン
  • 教育ローン
  • 多目的ローン
  • おまとめローン

など

 

使用用途が自由なローン
  • 多目的ローン(フリーローン)
  • カードローン

 

銀行のローンには有担保型と無担保型のローンがあります。
住宅ローンやカーローンなどの「使用用途が指定されているローン」では、特に有担保型が多いようです。

 

「担保」というと、あまりいいイメージがないようですが、実はより有利な金利で融資を受けたい場合、非常に有効な手段であるといえるのです。
住宅ローンの場合は、ローンを組む住宅自体が担保となることが多いです。

 

きちんと返済を行っていけば、問題なくその住宅で生活することができるので心配は要りませんが、このようなローンを組む際には万が一のことも考え、できるだけ返済負担率の低いローン契約を組んだ方がよいでしょう。

 

「用途が自由なローン」に関しては、無担保型のローンが多いようです。
使用用途が限定されないため、海外旅行や留学、そして高価な買い物の資金などにも利用することができるので多くの人から重宝されています。

 

まとめ

銀行のローンの良さといえば、やはり金利の安さと高額の融資が可能であるということです。
これらのメリットを求めて、多くの人が銀行のローンを利用しようと、審査を受けます。

 

しかし、この審査の通過は容易ではありません。
審査に通過できずに、多くの方が苦汁を飲んでいるのです。

 

また、高額の融資であればあるほど、審査は難航し、時間が掛かる傾向にあります。
従って、すぐにお金を必要としている方には不向きであるといえます。

 

ではここで、消費者金融のキャッシングローンとよく比較される銀行のカードローンについてご紹介します。

 

銀行カードローンって?

 

カードローンは他の銀行のローンと異なる点がいくつかあります。
その一つが融資の仕方です。

 

通常の銀行ローンのほとんどは、契約時に決められた融資総額が一括で指定の口座に振り込まれたら、それで終わりです。
追加の融資は原則ありません。
後は完済に向かって返済を繰り返すのみとなります。

 

一方、カードローンの場合は異なります。
始めに利用限度額が決定されます。
その後、ローンカードが発行されます。

 

このカードを利用して最寄りのATMから融資金を引き出すシステムで、これは消費者金融のキャッシングローンとの融資方法と同じです。
借入たい金額は、その都度指定することができるので、余分な借入をしなくても済みます。

 

融資金の引き出しは、借入総額が利用限度額に達するまで何度でもできますが、限度額がいっぱいになった場合、それ以上の借入はできません。
しかし、次の返済が行われればその分の限度額が復活して、また借入ができるようになります。

 

これが、他のローンと大きく異なる点なのです。

 

消費者金融のキャッシングローンと銀行カードローン

 

上記の二つのローンはよく比較されます。
今すぐにでもお金を必要とするような緊急時には、消費者金融の即日融資システムが必ずお役に立つでしょう。
しかし、時間に余裕があり、少しでも安く済ませたい、または高額の融資が必要である、という場合には銀行のカードローンがおすすめです。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので、その時の自分の状況に合わせて最適なローンを利用するとよいでしょう

 

最後に具体的なローン内容を少しご紹介します。

 

アコム

実質年率:4.70%〜18.00%
利用限度額:500万円

 

プロミス

実質年率:4.5%〜17.8%
利用限度額:500万円

 

アイフル

実質年率:4.5%〜18.0%
利用限度額:500万円

 

そして、以下が銀行カードローンの具体例です。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:500万円

 

みずほ銀行カードローン

実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:1000万円

 

オリックス銀行カードローン

実質年率:3.0%〜17.8%
利用限度額:800万円

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)

実質年率:1.99%〜7.99%
利用限度額:1000万